思ったことをただ書いていく

ブログ名の通り、時事ネタや日常生活において平凡な会社員がただ思ったことを書いていくブログです。

失恋の辛さ

3年付き合ってた彼女に振られました。
理由は、
・彼女が転職して同年代の男たちが多い環境になった
・その同年代の男たちとよく飲みに行っていた
・それを私がかなり嫉妬していた
・素直に会いたいって伝えればいいものの、強がってあえて素っ気ない対応をしてしまい、連絡もせず、怒ってるアピールをしていた
・彼女はそれを受け、「もう私に興味がなくなったんだな」と思ったと同時に「会社の同年代の男たちと遊んでる時の方が楽しい」と言い、これじゃ付き合ってる意味がないから別れよ。とラインで言われた
・その後、私は焦って、彼女に謝った。「素っ気ない対応したことや会おうとしなかったことは全て嫉妬からやったもの。素直にならなくて本当にごめん。本当はめちゃめちゃ好きだよ。」こう言ったけど、時すでに遅し。もう私への気持ちは冷めてしまったようで正式に別れを告げられた。

という感じです。

別れてから2ヶ月以上経ちますが、毎日泣いています。なんでもっと素直にならなかったんだろう?なんでもっと大切にしなかったんだう?まだめちゃめちゃ彼女のこと好きなのが本当に辛いです。
彼女とは一緒にいて居心地もよく、初めて人をとんでもなく好きになりました。その大好きな彼女に嫉妬して塩対応してしまったことが本当に悔やまれます。
結婚もしたかったです。もう彼女以上に人を好きになれそうにないくらい好きでした。

ショックすぎて今も立ち直れてません。何をやっても辛いし、何をやっても楽しめない。
朝も昼も夜も一日中彼女のことを想っています。そしてこう思うのです。
「あー。彼女がいてくれればなあ。」
でもそこには彼女はいません。過去の楽しかった思い出が走馬灯のように蘇り、涙がポロポロ出ます。

さらに、辛かったのが、別れて2ヶ月たたないうちに彼女に新しい彼氏ができたことです。
よく遊んでいた会社の同年代の男と付き合ったそうです。しかも彼女の方から告白したそうです。
共通の知り合いから聞いた話です。

もうこれを聞いたときは死のうかと思いました。
私は彼女と復縁できるんじゃないかと、わずかな希望をモチベーションにしていました。
しかし、これが一気に崩されました。
もう世界が真っ暗になり、この先なにを目標に生きていったらいいのか分からなくなりました。絶望です。ほんとに自殺を考えました。

今はなんとか持ちこたえているのですが、苦しみは消えません。
彼女がその彼氏とイチャイチャしたり、同棲そして結婚したらどうしようっていう悪い想像ばかりが働きます。

失恋ってほんとに辛いです。ここまで落ち込んだのは人生で初めてです。
つらくてつらくてどうすればいいか分かりません。

彼女と復縁しない限り、私の心の穴は塞がらないのでしょうか?

築地は民営化すべし。

ここ最近ずっとメディアを賑わしている築地市場移転問題。昨年8月に小池知事は環境問題や情報公開が不十分だとして移転延期発表されましたが、いつ豊洲へ移転するのかはまだ決まっておらず、宙ぶらりんのままです。


てか、私はこのニュースを見て思ったのですが、そもそも、「え、築地って東京都がやってたの?」って思った方は少なくないはずです。あそこは全て民間の人たちがやってるのでは?と思って調べてみたんですが、東京都は築地市場の「開設者」なんですね。いわゆる大家さんみたいなもんです。

でも私はここで疑問に思ったのですが、なんで市場を行政が運営する必要があるのでしょうか?別に民間でもいいんじゃないの?


民間が大家さんになって、法律の範囲内で市場内の業者から使用料とか徴収すればいいじゃん。施設の補修なども民間の大家さんがやれば十分。行政が行う必要性なんて全くないと思います。


もちろん市場にはちゃんと集荷機能とか価格形成機能など社会的に重要な役割もあると思いますが、民間が市場の開設者になっても十分この役割は維持できると思います。


今回の築地市場移転問題も、行政がやるからこんなことになるんです。行政は人事異動がとても頻繁にある組織なので、今回みたいに責任のなすりつけ合いも起こります。

市場は民間が運営すれば、効率的・効果的な市場サービスが提供できるし、今回のような問題も起こらなかったと思います。


東京都は今すぐに中央卸売市場を切り離し、指定管理者やPFIなどで、民間に市場運営を託しましょう。

東京都も組織をスリムにできますし、市場業者にとってもよりよいサービスが期待できます。


小池知事には中央卸売市場の民営化について早く議論して、早急に実行してもらいたいです。



満員電車ゼロなんて夢の話

サラリーマンの方は毎日電車で通勤されてる方がほとんどだと思いますが、朝の満員電車はつらいですよね、、

昔に比べればましになったみたいですが毎日ぎゅうぎゅうにされて会社に着くころにはヘトヘト…なんてこともあるかと思います。そんな有害でしかない満員電車は誰しもなくなってほしいと感じているでしょう。

 

そんな中、東京都の小池知事は公約で「満員電車ゼロ」を掲げていました。そして2017年夏から「快適通勤ムーブメント」たるものを始めるらしいです。具体的には、東京都が主体となり、都内の会社にテレワークや時差勤務を推奨しようとすることらしいのですが、果たしてこれで東京の満員電車はなくなるのでしょうか?

 

まあ無理だと思います。試みとしては評価しますが。

以前に比べれば時差勤務を導入する企業は増えてきていますが、やはり大多数は8時半~9時くらいが始業時間なのではないでしょうか。ここで役所が号令をかけて「時差勤務導入しろ!」とか「テレワーク導入しろ!」なんて言っても満員電車がなくなるレベルまでに達するはずがありません。東京から満員電車がなくなるとしても、それは東京圏から人口が著しく減少した時代でしょう。

 

私自身も毎日郊外の住宅から都心に通勤してるので、満員電車ゼロには期待したいですが、これを解決するには結局自分から回避する方法を見つけるしかないのです。例えば、職場の近くに住むとか、都心に住むとか。もちろん都心は家賃が高いので、シェアハウスで安く住むとか。あとは始発駅が最寄りのとこに住んで座って通勤できるようにするとか。

諸悪の根源である満員電車、なくなってほしいですがなくなることは当分ないのでどうしても耐えられないという方は、自分から回避する方法を探し、自分から行動を起こすようにしましょう。